【シナリオ制作者にぜひ!】サプライズを入れたくなったときの、たったひとつの大事なこと

 皆様、今日も楽しいTRPGライフをお過ごしでしょうか?

 シナリオ制作中? もうすぐ完成するって? それは楽しみですね!
 え、なになに?

  • 物語に大事なのは、やっぱりサプライズ! PLの情緒をガタガタ言わせてやるZOY!
  • 一通りシナリオ書き終わったけど、なんだか一味足りないな……やはりここは、ナニカ刺激が必要か? 必要だな!

 おおっと! ちょっと一度立ち止まりましょう。
 それは、ちょっと危ないかもしれません。

 そんなわけで今回は、シナリオ制作歴25年のTRPGおじいちゃん・りょーさんが、

「シナリオにサプライズを入れるときの、たったひとつの大事なこと」

 を解説します。
 その大事なこととは、一言でいうと

「あなたがPLだと思ったときの、気持ちを想像しよう」

 これだけです。
 ぜひ、最後まで読んでいってください。

サプライズは、よいものだ!!

 とりあえず揉める前に

「サプライズって、なに?」

 から話しておきますね。
 この場では、

『シナリオ制作者から、シナリオの中で提示される、PCにとって驚くべき出来事』

 として扱います。

 例えば。

「怪しい洋館の調査を依頼した美女が、実は邪神にPCたちを生贄にしようとした悪いヤツだった!」

 これは、サプライズです。そう扱います。
 PLは「この女、怪しいぞ」と思うかもしれませんが、少なくともPCが確信を持って教団の手先だと気づく機会は、シナリオ中盤でしょう。

「PCの中に、実は悪の教団の手先がいて、他のPCを背中から刺した」

 これも間違いなくサプライズです。
 自発的にPCが悪の教団に所属したりしませんから、秘匿HOやGM(KP)からのオファーがあったと見るべきでしょう。
 そして、悪の手先PC以外にとって驚くべき展開になります。

 一方で、

「シナリオ途中で出したゴブリンにPCが一目惚れしてしまい、シナリオがゴブリンと人間の結ばれないラブロマンスになった」

 これは、サプライズじゃないです。
 シナリオ制作者がそんな事言われても『知らんがな』ってなりますからね。

 前提が共有できたところで。

 私は、サプライズをシナリオ制作者が仕込むことは、良いことだと思っています。

 そもそも、わざわざTRPGのシナリオを書く酔狂な人は、なにか欲があって書いているはずです。
 そして、以下の欲はシナリオを書く大きなモチベーションになります。

  • PLの感情を揺さぶりたい!
  • PLに「面白い物語だ」と思って欲しい!
  • PC同士、PCとNPCで、エモいやりとりをしているところをみたい!!

 これらを達成するために、「PCの不意をついて、驚くべき展開に巻き込む」のが簡単かつ有効な手段なのは間違いないのです。

 では前置きをここまでにして、「何を注意すべきか」を話していきましょう。

おまえの心の中のPLは、笑っているのか?

 まず。
 とりあえず、字に起こしましょう。

 シナリオ全体が100%できあがってなくてもいいですが、サプライズに関わる部分は文字にしておいたほうが良いです。サプライズ本体とか、前後の流れとか、伏線とかです。
 脳内で作ったサプライズとか、いくらなんでもワカランすぎます。

 「文章かくの、だっる……」

 てなったら、やめときましょう。
 その程度の欲しか産まないサプライズだった、ということです。

 で。
 サプライズが文になったら、読んでみて、想像してみましょう。

 サプライズが起きたとき、PLはどんな顔をしてみますか?

 可能性は3つ。
 1つめ、楽しそうにしている。
 2つめ、楽しそうにしていない。
 3つめ。どんな顔をしているか想像もつかない。

 1つめなら、全く問題ないです。早速セッションをやりましょう。
 万が一、実際にやったときに”想定外に”PLが楽しくなかったとしても、それは残念な事故として諦めましょう。(そうなりにくいコツはあとで書きます)

 ここからは、2つ目と3つ目について、詳しく解説していきます。

あなただけ楽しいサプライズはやめとこう

「そりゃそうだ。楽しくないサプライズなんて、やりたくなるほうがおかしい」

 いやいや。そうでもないと思いますよ。

 突然カエルのおもちゃを見せて、気になるあの娘がビックリしたら、楽しいでしょう?
 ホラーゲームで、突然現れた怪物にVtuberが悲鳴を上げたら、楽しいでしょう?

 人類って、他人のナマの感情を見られたら、楽しいんですよ。

 しかし、カエルのおもちゃでビックリさせたら、気になるあの娘が二度と口をきいてくれないのは想像がつきますよね。

 そして、TRPGで嫌われたら、あなたはもうそのPLと一緒に卓を囲めないでしょう。
 TRPGを遊んでくれる友人はプライスレス。大事にしましょう。

想像できないなら、工夫しよう

 これがだめな理由はシンプル。
 成功率がわからないバクチを、PLという他人を巻き込んでやるのは迷惑すぎるからです。

 で、コレを読んで、こんな風に思う人はいるでしょう。

「他人の感情なんて、予測できるわけがないじゃないか!!」

 たしかに、誰が来るかわからない場合は、そうです。
 世の中広いですから、夏がダメだったり、セロリが好きだったり、いろんな人がいますよね。

created by Rinker
¥330 (2023/03/28 23:14:49時点 楽天市場調べ-詳細)

 なので、そういう「PLの反応が想像つきづらいサプライズ」をやるときのコツを2つ、お伝えします。

 コツ1つめは単純、「馴染みのPLを呼ぶ」。

 過去に一緒に遊んで、どういうタイプかわかっている人を呼んじゃいましょう。
 「あの人なら、このサプライズを楽しんでくれるか?」なら、想像も簡単なるはずです。

 コツ2つめは、「PL募集するとき、卓の雰囲気を事前に伝える」ということです。

 『天元突破グレンラガン』をやるシナリオとしてPLを集めたなら、突然アニキNPCが不意打ちでやられたり、突然ヒロインNPCが悪の親玉に乗っ取られたりしても、

「そういや、『天元突破グレンラガン』だもんな」

 となるでしょう。

 もっと広く、『化け物に怯えるホラー』をやるシナリオとしてPLを集めたなら、化け物の登場でどんなサプライズを仕込んでも、PLは笑顔です。
 それを楽しみに来ていますからね。

created by Rinker
¥5,991 (2023/03/28 23:14:49時点 楽天市場調べ-詳細)

 さらにこの方法を使うとサプライズそのものもうまくいきやすくなります。

 突然、NPCと日常会話をしているときに「ウソだっ!」というボイスが挟まるサプライズは、何も知らないPLだとキョトンとする可能性が高いです。
 何が起こったかわからないのです。

 しかし、『ひぐらしのなく頃に』やるために集まったPLたちなら、タイミングさえ工夫すればサプライズとしてバッチリ機能します。
 竜宮レナの立ち絵を使っていないNPCが言ったりすると、予測もしにくくなりますね。

まとめ

 そんなわけで、今回は「良いサプライズのやりかた」。
 長くなったので、今回はまとめを書いておきます。

  • サプライズするときは、PLの反応を想像しよう
  • 想像したPLが楽しくなさそうなら、やめとこう
  • 想像がつかないなら、知り合いをPLに呼ぶか、卓の雰囲気にあったサプライズをしよう

 繰り返しになりますが、良いサプライズはアナタも楽しく、PLも楽しめる良いモノです。
 PLを不快にしないよう注意しながら、うまく使っていきましょう。

 それでは、明日もよいTRPGライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました